« ドラム・デモンストレーション13: ロックンロールビート | | 地元のドラム教室を探せるサイト »

ドラムの練習のときに気をつけるべきこと

こんにちは。講師の松野です。

今日は最近僕がドラムの練習の際に気をつけていることについてです。


僕が普段の練習で気をつけているのは、なるべく毎日、そして一つ一つのことは短い時間でいいから、多くのことをこなす、ということです。

どんなスポーツをやったりしてもそうだと思いますが、一週間に一度思いっきり時間をとってプレイするよりも、一日15分や30分でいいからコツコツやってほうが効果があると思います。


それは、(しっかり勉強をしていないので確証のない話で申し訳ないのですが)脳の記憶の整理が関係しているのだと思います。

人間は3時間以上の睡眠をとるごとに記憶の固定という現象が起こります。つまり、必要な記憶と必要ない記憶を分けて、要らない記憶の削除、そして必要な記憶の固定化を行うわけです。

たぶんこれが大きな役割を果たしていて、僕としてはドラムの練習というのはいかに効率の良い体の動かし方を身につけるかだと思っていますから、毎日練習することで脳の記憶の固定の力を使って効率の良いからだの使い方を身につけていくわけです。

一週間に一度、毎日練習するのと同じ量練習したとしてもあまり良くないと言われる原因があるのはここにあると思います。


またスポーツなどの場合は2,3日ごとにトレーニングをしたほうがいいといいますが、それは筋肉の超回復を待つからで、たかが50g程度の棒を振り回すのに筋肉はそれほど必要としません、というか筋肉が疲れるようなら一度叩き方を考えたほうがいいと思います。明らかに余計な力を使っていると思われます。

なので、毎日練習して構わないと僕は考えます。

また同じ理由で一日に同じ練習をずっとするよりもいくつもやったほうが、記憶の固定を使えて結果的に上達が早いと思います。

ぜひ、寝る前、もしくは起きたらスティックを握るくせをつけましょう
きっと1週間でなにかしらの効果が見えてくるはずです。

がんばりましょう!!

教室リンク